天然芝のような景観を楽しめる!?人工芝のミニ知識を分かりやすくご紹介

こちらのサイトは、天然芝と見間違えてしまうくらいの景観を楽しめるなどの魅力がある人工芝のミニ知識を分かりやすくご紹介してあります。
天然の場合は色々なメンテナンスが必要になるけれども、人工物の場合はゴミや落ち葉・土などの除去を行うことで長持ちするなどちょっとした知識もご紹介していますし、継ぎ目をなるべく減らしたい人はロールタイプ、狭い空間に施工したい人ジョイントタイプなど2つの種類があることにも触れているので参考にされることをおすすめします。

天然芝のような景観を楽しめる!?人工芝のミニ知識を分かりやすくご紹介

人工芝の中には低価格な商品もありますし、逆にお値段が高めのものもあるなど様々です。
これから庭に人工芝を施工することを検討されてる場合、天然芝のような装いを持つ景観にしたい人は人工芝をえらぶときには使用している材料が多い、リアル人工芝などのようなものを選ぶことをおすすめします。
人工芝は価格が高ければ良いわけではないのですが、適切な材料を適切な量を使っているなどの条件をクリアーするとより天然に近い見た目になります。

人工芝は天然芝に似せて製造されたエクステリアアイテムの一つ

住宅を購入すると、エクステリアに芝を敷くかどうか悩んでしまうという人もいます。
天然の芝を敷くことで見栄えはとてもいいのですが、バッタなどの虫が来てしまったり、伸びてきてしまった際に芝刈りをしなくてならず、手入れが大変というデメリットがあるのです。
こういったデメリットを避けたいと考える人は人工芝を敷いていることがとても多くなっています。
最近の人口芝は天然に引けを取らないくらい精巧に作られていますし、伸びてこないのでカットする必要がないというメリットもあります。
しかも水はけがいいので雨が降った時もぐちゃぐちゃになってしまうということはありません。
人工芝は天然芝と比べるとプラスチック感が強いと感じる人も多いのですが、最近の物はかなり自然に近く作られていますので、光に当たってもプラスチック感はあまり感じられません。
こういうようなメリットが多いということから、人工芝の需要がかなり高まってきているのです。

人工芝は屋外だけでなく室内で利用することもできる

人工芝といえば、天然芝の代わりで庭に敷いたりバルコニーやベランダに敷いて使うなど、主に屋外使用が一般的でした。
近年は室内で使用する機会も増えてきており、主に子供やペットのプレイマットとして活用するご家庭が多くなっています。
人工芝は家の中に公園のような雰囲気を演出できるだけではなく、適度なクッション性を持っているので小さな子どもが部屋で遊び回り、転倒してしまっても怪我をする心配がありません。
犬を室内で遊ばせたいという場合も、タイルやフローリングでは肉球が滑って股関節に負担がかかる原因となります。
しかしプレイマットとして利用すれば、肉球が滑る心配がなく安全に遊ばせることができます。
カッターやハサミで簡単にカットできるため、部屋の形にあわせて設置しやすいこともメリットの1つです。
人工芝の裏面には芝の縫い目が等間隔で並んでいるので、縫い目にあわせてカッターで切り取ればきれいに仕上げることができます。

人工芝も適切なメンテナンスを行うことで長持ちする

芝刈りや除草処理など日々のメンテナンスが不要で、簡単に青々とした芝生が演出できるとして人工芝の需要は高まっています。
人工芝の耐久性は、一般的な庭に敷いた場合約7~8年ほどだといわれていますが砂埃や落ち葉など汚れを取り除かずに放置すると、機能が落ちたり変色の原因となるので少しでも長持ちさせるためにも適切なメンテナンスを行うようにしましょう。
人工芝の基本的なお手入れは、敷いていると芝に砂や埃がついてしまうのでバキュームクリーナーなど屋外でも使えるアイテムで汚れを取り除きます。
電源が近くにない、掃除機を使うには大きすぎる落ち葉がある場合には、ほうきや熊手でササッと掃けば汚れが落とせますし、ブロアがあれば落ち葉を一気に吹き飛ばせるので便利です。
掃除は週に一度のペースで行い、落ち葉が目立つ場合には都度除去を行います。
また使用していくうちに芝が寝てしまうなら、人が通る場所や物を置いていた部分を重点的にデッキブラシでブラッシングをしましょう。
これにより寝てしまった芝を起こし、見栄えも機能性もアップします。

倒伏してきた人工芝はブラッシングでパイルが起きる

人工芝の屋外での耐用年数は平均で7~8年程度とされますが、人工芝の種類やメンテナンスによっては10~20年長持ちする場合もあるので、使用する環境に応じて材質や機能性などを見極めるようにすることが長持ちさせるためのポイントです。
人工芝は天然芝のように枯れる必要がなく、1年を通して青々とした美しさをキープすることが可能ですが、植木鉢やガーデンファニチャーなど長時間重量のあるものをおいておいたり、スポーツ場へ敷いてある場合などは段々と芝が倒伏したり弾力性が失われてくる可能性があるので、日頃のメンテナンスとしてブラシをかけるようにしましょう。
スポーツ用ならば広範囲を一気にブラッシングできる専用のメンテナンスマシンを使用したり、エクステリア用ならデッキブラシを使用してブラッシングを行うと、芝葉が自然と起き上がりクッション性を維持することができます。
また汚れが目立つようなら掃除機で吸い取り、水はけ用の穴を目詰まりさせる原因となる土、砂は掃除機などで取り除いておくと良いコンディションが保てます。

著者:金谷節子

筆者プロフィール

香川県高松市生まれ。
今年人工芝を敷き庭をプチリフォーム。
人工芝について記事をまとめました。
人工芝を幼稚園に!